地学ライブラリツール QGISプラグイン

「地学ライブラリツールQGISプラグイン」はオープンソフトGISソフトのQGISを使用して、Web地学ライブラリ用の地図を作成するためのQGISプラグインです。

このプラグインは、2017年より QGIS 2.12用の開発を開始して、現在はQGIS3.0用のバージョンを提供中です。

Geolib3 プラグインは専用のプラグインサイトに接続してインストールを行う必要があります。インストール方法はこのページ下部に記載の「Geolib3 のインストールと使用方法」の通り、kindle書籍に記載していますのでご購入いただくか、「お問い合わせ」フォームに利用の目的を記載のうえご依頼ください。入力いただいたメールアドレスにインストール方法を記載したメールを返信いたします。

地学ライブラリツール QGISプラグイン「Geolib3」の概要

【動作環境】

  • QGIS 3.0以上で動作します。
  • Windows PC (Macでの動作テストは行っていませんので一部動作しない可能性があります)
  • ディスプレイサイズ:1280×1024以上を推奨(画面サイズが小さいとメニューやウィンドウ上の文字が一部隠れたりして見づらくなることがあります)
  • マウスによる操作を推奨します。
Geolib3プラグインをインストールしたQGIS

【主な機能】

Geolibプラグインをインストールすると、以下のようなメニューおよびツールバーが追加されます。

Geolib3プラグインのメニューおよびツールバー

このメニューやツールバーを用いて以下のようなことが行えます。

シナリオマップの作成

地図上に自由に点(アイコン)、線、ポリゴンなどの図形を描画してシナリオマップを作成することができます。各図形には写真やHTMLファイルなどのリンクをつけることができます。Web地学ライブラリ上では、図形をクリックすると、このリンクがポップアップ表示されます。

シナリオレイヤーの作成ダイアログと作成したレイヤー

主題図の作成

主題図レイヤーを作成することができます。現在のバージョンで作成できる主題図は、「地質図」と「ハザードマップ」の2種類です。

主題図レイヤーの作成ダイアログと作成したレイヤー(地質図)

地質図を作成する際には地質図学を用いて地質境界線を描画しなければなりません。Geolib3プラグインには、測定した走向・傾斜や3点法を用いて計算された走向線を自動的に描画する機能があります。

Web地学ライブラリ用ファイルのエクスポート

作成したシナリオマップや主題図は、Web地学ライブラリに表示できる形式に加工されたデータファイルとしてエクスポートすることができます。

※ 現バージョンではこの機能は未搭載です。

Geolib3 のインストールと使用方法

このプラグインを使用したい場合は、kindle書籍「QGISによる地質図の作り方-QGISプラグイン「地学ライブラリツール」使用ガイド-」に、プラグインのインストール方法および使用方法が記載されていますのでご購入ください。

更新日:

Copyright© 地学教育のためのGIS研究室 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.